カードローン 借金

カードローンは借金です

 

近頃のカードローンは、申し込み、借り入れ・返済も手軽にできるようになり「借金」という意識が薄れがちです。
誰でも、うまく利用できるか、多重債務や借金地獄になるかは紙一重です。
決して借金であることを忘れてはいけません。

 

 

勘違いするのは誰のせい?

 

いろいろな人に広く利用され敷居が低くなり、コンビニのATMで気軽に借り入れできることであたかも自分の口座からお金を下ろしているような感覚になってしまうことがあります。
繰り返し利用していくうちに勘違いしてしまうのです。

 

これは利用しやすくなったカードローンのシステムのせいでしょうか。
いえ、他の誰のせいでもありません。
利用者自身です。
未来の収入から返済していかなければならないことを自覚することが大切です。

 

 

すぐ返す、返すまでは借りない

ポイント

 

カードローンの金利は、使途が限定された目的ローンよりも高く設定されています。
そのために長期的に借りるのには向いていません。
あくまでも返済期間は短く、そして完済するまでは追加で借りないことを前提に利用しましょう。

 

 

 

カードローン選びは慎重に

 

どのカードローンを利用するかはとても重要です。
金利や手数料の違いはもちろんのこと、返済方式によっては総支払額が大きく変わってくることもあります。
急を要するときは、特に悪徳業者にひっかからないよう注意が必要です。

 

また、借り入れをする前に、何のためのお金なのか、本当に必要か、次の給料まで待つことはできないのかという根本的なことまで考えてから申し込みをするようしてください。

 

 


このページの先頭へ戻る