家族 バレてしまう きっかけ

家族にバレてしまうきっかけは?

 

カードローンの利用を家族に内緒にしている人も多いようです。
ほとんどの人が知られることなく利用を続けていますが、なかにはバレてしまったというケースもあります。

 

ではどんなときにバレてしまうのでしょうか?

 

 

その1.申し込み内容の確認の電話

申し込み時に申告した内容などについて確認したいことがあるとカードローン会社から電話がかかってくることがあります。
連絡先として自宅の電話番号を記入していると自宅に連絡がきてしまいますので、家族に知られたくないときは自宅の電話番号は記入せず、携帯にしておきましょう。

 

その2.ローンカードの郵送

手紙

カードローンを契約するとローンカードが発行されます。
窓口や自動契約機で受け取れない場合は郵送で送られてきます。
送り主の名前からはカードローンの利用が分かりにくくなっていますが、万全を期すには直接受け取るか、最近ではローンカード自体を発行しないところもありますので検討してみてください。

 

その3.利用明細書の郵送

借り入れや返済をした際に利用者に対して通知が義務付けられている項目があるのですが、提携ATMや振込などでは通知しきれないことがあります。
そういった内容を利用者に知らせるために明細書が郵送されてくることがあります
家族に知られるリスクを減らすために、ネット上で明細を確認できるサービスに切り替えておくことをおすすめします。

 

その4.ローンカードが見つかる

驚き

ローンカードを置き忘れて、そのカードを家族に発見されてしまうということがあります。
これに関しては自己管理につきますので十分気をつけてください。

 

その5.返済の督促状

連絡もなく返済が遅れてしまうと郵送で督促状が届くことがあります。
しっかりと期日を守って返済することが重要です。


このページの先頭へ戻る