無理のない 返済計画 どのくらい

無理のない返済計画とはどのくらいなのか

はてな

 

CMなどでよく耳にする“お借り入れは無理なく計画的に”というフレーズ。
無理のない返済計画ってどのくらいなのでしょう。

 

「月に何万円まで」と決められていれば誰にでもとても分かりやすいのですが、ひとそれぞれ金銭感覚も違えば収入も違います。
一概に言えないところが難しくしているのでしょう。

 

貸金業法では総借入額は年収の3分の1までという総量規制があります。
しかし、これを参考にしてしまうと返済が厳しくなるのが目に見えています。

 

 

自由に使えるお金の25%

 

よく言われるのは、月々の固定収入(残業代などで差がある場合はそれを除いた収入)から家賃や保険などの固定支出を除いた自由に使えるお金の25%までが月々の返済額の上限です。

 

手取り月収20万円で、家賃などの固定支出が10万円だとしたら、残りの10万円の25%である2万5000円までとなります。

 

これを超える返済計画は避けるべきでしょう。
“無理のない”というと上の例なら2万円くらいが妥当だと思われます。

 

 

返済負担率「年収の〇%」まで

 

もうひとつ一般的な目安として返済負担率があります。
返済負担率は、年間の返済総額が年収の何パーセントにあたるかを表したもので次の式で求められます。

 

返済負担率(%) = 年間の返済総額 / 年収 ×100

 

年収額によってどのくらいが妥当とされているかは以下の通りです。

年収       返済負担率
240万未満 10%まで
480万未満 15%まで
720万未満 20%まで

 

年収300万円の人は年収の15%である45万円までが年間に返済できる上限となります。
この場合、一ヶ月の返済額は3万7500円となります。
月の手取り額は16〜20万円程だと思いますので結構きついなと感じると思います。

 

もっと大きい割合まで大丈夫と謳っているケースもありますが、金利の低い住宅ローンでさえ20%までに抑えたほうが良いとされていることを考えるとこのくらいで考えていた方が安全です。

 

 

必ず借り入れ前にシュミレーションを

 

どんなに大丈夫と思っていても、返済期間に収入が減ったり、大きな出費があったりということはよくあります。
金融機関のホームページには返済シュミレーションのできるところが多く存在しますのでぜひ活用したいものです。

借り入れ前にシュミレーションをするようにすると良いでしょう。


このページの先頭へ戻る