専業主婦でも借りれるカードローン

カードローンを利用する手順

お金を借りたいと思ってから、借り入れ、そして返済するまでにはいくつかの手順を踏むことになります。
その流れを簡単にまとめました。

 

1.カードローンを選ぶ

消費者金融、銀行(普通銀行・ネット銀行)、信販会社、労金、信金、信組・・さまざまな金融機関でカードローンのサービスがあります。
どこに申し込みをするかは、申し込み条件にあてはまっているか、いつまでにいくらお金が必要かなどによって、自分にあったところを選んでください。

 

2.申し込み

パソコン

インターネットによる申し込みが主流になりつつありますが、電話、窓口、郵送など色々な方法で申し込むことができます。
申し込みで大切なことは決してウソの申告をしないことです。
ほどんどの場合ウソはバレます。
ウソだと分かると審査に通る確率が下がってしまいますので、書き間違いにも気をつけましょう。

 

3.申告内容をもとに審査

申し込んだ情報と、信用情報を参考にして、返済能力があるかどうかを判断されます。
消費者金融の審査時間は短く、それに比べて銀行は長い傾向があります。

 

4.勤務先へ在籍確認

申告した勤務先に実際に籍があることを確認するために、勤務先に電話連絡があります。
カードローンの申し込みが知られないように個人名でかかってきます。

 

5.必要書類の提出

書類

免許証などの本人確認書類を提出します。
最近は、メールに添付したり、スマホのアプリで提出できたりと便利になっています。

 

6.契約

契約内容(利用限度額、金利、返済期日など)の確認をしてから、契約手続きを行います。
後々のために少しでも分からないことを残さないようにしましょう。

 

7.カードの受け取り

ローンカードが発行されます。
窓口や自動契約機での受け取りや郵送での受け取りなどが可能です。

 

8.借り入れ

ローンカードを使ってATMなどから借り入れできます。
指定口座への振込んでもらうことも可能です。

 

9.返済

返済期日までに決められた金額を返済します。
ATM、振込、自動引き落としなどから選ぶことができます。
余裕があるときは追加返済すると総支払額を抑えることができるのでぜひ活用したいものです。

 

家族にバレてしまうきっかけは?

 

カードローンの利用を家族に内緒にしている人も多いようです。
ほとんどの人が知られることなく利用を続けていますが、なかにはバレてしまったというケースもあります。

 

ではどんなときにバレてしまうのでしょうか?

 

 

その1.申し込み内容の確認の電話

申し込み時に申告した内容などについて確認したいことがあるとカードローン会社から電話がかかってくることがあります。
連絡先として自宅の電話番号を記入していると自宅に連絡がきてしまいますので、家族に知られたくないときは自宅の電話番号は記入せず、携帯にしておきましょう。

 

その2.ローンカードの郵送

手紙

カードローンを契約するとローンカードが発行されます。
窓口や自動契約機で受け取れない場合は郵送で送られてきます。
送り主の名前からはカードローンの利用が分かりにくくなっていますが、万全を期すには直接受け取るか、最近ではローンカード自体を発行しないところもありますので検討してみてください。

 

その3.利用明細書の郵送

借り入れや返済をした際に利用者に対して通知が義務付けられている項目があるのですが、提携ATMや振込などでは通知しきれないことがあります。
そういった内容を利用者に知らせるために明細書が郵送されてくることがあります
家族に知られるリスクを減らすために、ネット上で明細を確認できるサービスに切り替えておくことをおすすめします。

 

その4.ローンカードが見つかる

驚き

ローンカードを置き忘れて、そのカードを家族に発見されてしまうということがあります。
これに関しては自己管理につきますので十分気をつけてください。

 

その5.返済の督促状

連絡もなく返済が遅れてしまうと郵送で督促状が届くことがあります。
しっかりと期日を守って返済することが重要です。

内緒でかりるためのポイント

 

家族に秘密はないに越したことはありませんが、事情があって家族に知られずにカードローンを利用したいということもあるかと思います。
そんなとき、どのようなことに気を付けて利用したら良いのでしょうか?
いくつかポイントを整理しましたので参考にしてみて下さい。

 

 

申し込みは窓口or自動契約機で

 

自宅に郵送物が届く最初のタイミングとして申し込み、契約時があります。
契約書やローンカードが送られてきます。

 

郵送物には一定の配慮がされてはいますが、最初の段階でバレてしまっては困りますので、直接受け取れるように窓口や自動契約機で手続きをしましょう。

 

また、書類をネットでダウンロードできたり、ローンカードを発行しないカードローンもあります。
そういったカードローンに申し込むのも良いでしょう。

 

 

連絡先は自分の携帯のみ

 

携帯

申し込み内容や契約内容の確認、返済が遅れたときなどに電話がかかってくることがあります。
自宅の電話にかかってくることを避けるために、連絡先を自分の携帯番号だけにしておきましょう。

 

 

明細WEBサービス

 

借り入れや返済をした利用明細書が郵送されてきますが、これを全てネット上で確認できるように切り替えることができる金融機関が増えています。
こういったサービスがあるかどうかは事前に確認しておくと安心です。

 

 

家族に内緒にしたいということを伝える

 

自分でいろいろと調べるのはとても大変ですので、利用したいカードローンの候補を絞った段階で各金融機関に直接問い合わせてみて下さい。
こういった事情を持つ利用者は多いですから、適切な説明をしてくれると思います。

 

無理のない返済計画とはどのくらいなのか

はてな

 

CMなどでよく耳にする“お借り入れは無理なく計画的に”というフレーズ。
無理のない返済計画ってどのくらいなのでしょう。

 

「月に何万円まで」と決められていれば誰にでもとても分かりやすいのですが、ひとそれぞれ金銭感覚も違えば収入も違います。
一概に言えないところが難しくしているのでしょう。

 

貸金業法では総借入額は年収の3分の1までという総量規制があります。
しかし、これを参考にしてしまうと返済が厳しくなるのが目に見えています。

 

 

自由に使えるお金の25%

 

よく言われるのは、月々の固定収入(残業代などで差がある場合はそれを除いた収入)から家賃や保険などの固定支出を除いた自由に使えるお金の25%までが月々の返済額の上限です。

 

手取り月収20万円で、家賃などの固定支出が10万円だとしたら、残りの10万円の25%である2万5000円までとなります。

 

これを超える返済計画は避けるべきでしょう。
“無理のない”というと上の例なら2万円くらいが妥当だと思われます。

 

 

返済負担率「年収の〇%」まで

 

もうひとつ一般的な目安として返済負担率があります。
返済負担率は、年間の返済総額が年収の何パーセントにあたるかを表したもので次の式で求められます。

 

返済負担率(%) = 年間の返済総額 / 年収 ×100

 

年収額によってどのくらいが妥当とされているかは以下の通りです。

年収       返済負担率
240万未満 10%まで
480万未満 15%まで
720万未満 20%まで

 

年収300万円の人は年収の15%である45万円までが年間に返済できる上限となります。
この場合、一ヶ月の返済額は3万7500円となります。
月の手取り額は16〜20万円程だと思いますので結構きついなと感じると思います。

 

もっと大きい割合まで大丈夫と謳っているケースもありますが、金利の低い住宅ローンでさえ20%までに抑えたほうが良いとされていることを考えるとこのくらいで考えていた方が安全です。

 

 

必ず借り入れ前にシュミレーションを

 

どんなに大丈夫と思っていても、返済期間に収入が減ったり、大きな出費があったりということはよくあります。
金融機関のホームページには返済シュミレーションのできるところが多く存在しますのでぜひ活用したいものです。

借り入れ前にシュミレーションをするようにすると良いでしょう。

カードローンは借金です

 

近頃のカードローンは、申し込み、借り入れ・返済も手軽にできるようになり「借金」という意識が薄れがちです。
誰でも、うまく利用できるか、多重債務や借金地獄になるかは紙一重です。
決して借金であることを忘れてはいけません。

 

 

勘違いするのは誰のせい?

 

いろいろな人に広く利用され敷居が低くなり、コンビニのATMで気軽に借り入れできることであたかも自分の口座からお金を下ろしているような感覚になってしまうことがあります。
繰り返し利用していくうちに勘違いしてしまうのです。

 

これは利用しやすくなったカードローンのシステムのせいでしょうか。
いえ、他の誰のせいでもありません。
利用者自身です。
未来の収入から返済していかなければならないことを自覚することが大切です。

 

 

すぐ返す、返すまでは借りない

ポイント

 

カードローンの金利は、使途が限定された目的ローンよりも高く設定されています。
そのために長期的に借りるのには向いていません。
あくまでも返済期間は短く、そして完済するまでは追加で借りないことを前提に利用しましょう。

 

 

 

カードローン選びは慎重に

 

どのカードローンを利用するかはとても重要です。
金利や手数料の違いはもちろんのこと、返済方式によっては総支払額が大きく変わってくることもあります。
急を要するときは、特に悪徳業者にひっかからないよう注意が必要です。

 

また、借り入れをする前に、何のためのお金なのか、本当に必要か、次の給料まで待つことはできないのかという根本的なことまで考えてから申し込みをするようしてください。

 

 

カードローンを上手に利用する主婦たち

 

お金に困ったときに「借りる」というのは最終手段です。

 

できることなら、次のお給料やボーナスが出るまで出費を先回ししたいものです。
毎月赤字になってしまうのなら、お金の使い方を見直す必要があります。

 

これは家計管理のプロである主婦ならあたりまえのことかと思います。

 

しかし、このような努力をしている主婦でも、どうしてもやりくりできない事態に直面することだってあります。
そんなときにカードローンを上手に利用している主婦たちがいるんです。

 

 

次の給料までのつなぎに

 

ピンチ

旦那さんのお給料が残業代や出来高制で一定しないこともあります。
いつもより極端に少なくて、どんなにがんばってもお給料日前に足りなくなってしまった月は、カードローンで少しだけ借りています。
次のお給料がでたらすぐに全額返済しているので、利息の負担も少なくて済みます。
ただ、次のお給料も少ないこともあり得るので、できるだけ利用しないように心がけています。

 

 

無利息期間を使って利息ゼロ

 

カードローンのなかには、初めての利用なら30日間利息ゼロや、1週間利息ゼロ(条件によって何度でも)というところがあります。
少額の利用で短期間で返済できたので利息を支払うことなく急な出費に対応できました。
カードローンによって無利息になる条件がさまざまなので利用するときにはよく確認するようにしています。

 

 

急な入院費用の支払い

 

こどもが急な病気で数日間入院しました。
入院費用の支払いの日に手元にお金がなくて困っていましたが、カードローンで借りたお金で支払うことができました。
それ以来、利用することはありませんが緊急のときのためにローンカードは財布に入れてあります。

 

 

通信教育でスキルUP&収入UP

 

講座

毎月赤字で悩まされていたので思い切って働くことにしたのですが、なかなか見つからず・・。
将来のことも考えて通信教育で資格をとりました。
その費用をカードローンで借りたのですが、働き出してからのお給料の一部で返済できました。
収入が増えて赤字も解消してよかったです。

 


このページの先頭へ戻る